会社ロゴ
Vibrationmaster社日本総代理店

試験プロトコル
ボルト: M8 強度区分4.8 ピッチ1.25 SWRM10
ナット: M8 強度区分4 
潤滑: 二硫化モリブデンペースト
目標軸力: 8.5 kN
振動数:  0.5 Hz
横変位量: ±0.25 mm
実初期負荷軸力: 8.48 kN
実振幅: 0.48〜0.53 mm
最大締め付けトルク: 14.08 Nm
μtot: 0.17
トルク係数: 0.21

none filter eb25

軸力(緑色)の減衰カーブは初期の「なじみ緩み」のみで200負荷振動回数後も軸力の減衰が見られていないことから、ユンカー振動の緩みが発生していないことが解析できます。
.csvファイルの数値データから、負荷振動回数0-20、100-120、180-200振動回のtransverse force(剪断力)displacement(横変位量)の詳細なグラフから解析します。

負荷振動回数 0−20 負荷振動回数 100−120 負荷振動回数 180−200
負荷振動回数2〜4回の間に、いわゆる「なじみ緩み」と呼ばれる軸力の低下が、transverse force とdisplacementのグラフ0-20でtransverse force(剪断力)の低下が見られますが、その後はtransverse forceも一定に推移し変化が見られません。 これは、ボルト座面とワッシャ面との間に滑りがなく、振動プレートからボルトに伝えられているtransverse force(剪断力)が一定であることから証明できています。

これは、この横方向変位量±0.25mmではこのM8ボルトファスナーは緩みが出ないという評価ができます。